申込

申込

 

私のサイト

Make use of the advantages of registering at www.wienerphilharmoniker.at: subscribe to various newsletters, participate in the drawing for New Year's Concert tickets and view your online purchases.

今すぐ登録

閉じる

Menu Calendar

Japanese Homepage > オーケストラ : 歴史 > オーケストラ

現代

Prof. Dr. Clemens Hellsberg

第二次世界大戦後、オーケストラは1933年に始めた路線を継続し、全ての著名な指揮者たちと共演してきました。1945年以降のオーケストラの歴史に特別の意義があった指揮者として、名誉指揮者のカール・ベームとヘルベルト・フォン・カラヤン、そして名誉会員のレナード・バーンスタインが挙げられます。ウィーン・フィルは、レコーディング、映像収録、世界中への演奏旅行、そして主要な音楽祭への参加と、今日のマルチメディアの音楽"産業"の要求を完全にこなす一方で、ニューイヤーコンサート、ザルツブルク音楽祭での主要な役割、ニューヨークと日本とケルンでのウィーン・フィル・ウィークそしてユーロ・チクルス(ロンドンとパリでの各2回から3回の定期コンサート)という独自の活動にも重点を置いています。このように現代の要求に適応しながらも、ウィーン・フィルの伝統的原則から離れることはありません:自主管理で運営し、1860年よりの定期コンサートをその芸術上、組織上、および財政上のベースとしています。ウィーン・フィルは、単にオーストリアの熱望される"文化輸出商品"ではなく、音楽とは不可分の平和、人道、和解を伝えるメッセンジャーでもあります。その芸術上の業績に対して、これまでに多くの賞、レコード金およびプラチナ大賞、国内の顕彰、多くの文化機関の名誉会員などの栄誉に預かっています。

現代

The Vienna Philharmonic is not only Austria's most highly coveted "cultural export", it is also an ambassador of peace, humanity and reconciliation, concepts which are inseparably linked to the message of music itself.

© 2017 Wiener Philharmoniker RD0003FF4B68AC