申込

申込

 

私のサイト

Make use of the advantages of registering at www.wienerphilharmoniker.at: subscribe to various newsletters, participate in the drawing for New Year's Concert tickets and view your online purchases.

今すぐ登録

閉じる

Menu Calendar

  2017  
  12  
M D M D F S S
1
2
3
4
5
6
7
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29

Japanese Homepage > オーケストラ : オーケストラ

 

Das Philharmonische Tagebuch

Aktuelles 2007

土, 08. 12月 2007

Aktuelles

 

2009年のニューイヤーコンサートの指揮はダニエル・バレンボイム

Daniel Barenboim
©Haughton/Teldec

2009年1月1日のウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の伝統的なニューイヤーコンサートを、アルゼンチン-イスラエル人のピアニストであり指揮者であるダニエル・バレンボイムが初めて指揮します。「ダニエル・バレンボイムは類稀なる天才である」と1954年にヴィルヘルム・フルトヴェングラーは、この若いピアニストのことを書いています。ダニエル・バレンボイムは1942年11月15日アルゼンチンのブエノス・アイレスにピアニスト夫妻の息子として生まれました。最初のピアノのレッスンを母親から、そして後に父親から芸術教育を受けました。11歳でバレンボイムはザルツブルクのイゴール・マルケヴィッチの指揮科クラスに入り、その年の夏にはヴィルヘルム・フルトヴェングラーとも知り合い、彼の前で演奏しました。その後すぐに、その世代の中で最も多方面で活躍するピアニストの一人となりました。

同時にバレンボイムは指揮に取り組むことが多くなりました。1965年にはイギリス室内合奏団と緊密な関係が生まれ、それは10年以上続きました。1967年にニュー・フィルハーモニア・オーケストラの指揮者としてロンドンにデビューしてからは、ダニエル・バレンボイムはヨーロッパ及びアメリカの全ての代表的オーケストラの指揮者として招かれるようになりました。1991年から2006年までバレンボイムはシカゴ交響楽団の首席指揮者でしたし、1992年よりベルリン国立歌劇場の音楽総監督です。バレンボイムとウィーン・フィルとの最初の出会いは1989年で、それ以来私たちのオーケストラに常に歓迎される指揮者です。

「ユニバーサルな音楽家」であるダニエル・バレンボイムは、音楽を国際文化の理解の手段として常に使用してきました。近東紛争で敵対する民族グループの融和のために、ユダヤとアラブの音楽家が一緒にコンサートをするようにと、亡くなったパレスチナの文学学者エドワード・サイードと共に1999年にウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団を設立しました。「音楽は全ての国境を越える芸術である」とは、イスラエルの国会議事堂の前でヴォルフ賞を授与された時の彼の言葉です。数多くの賞を受章しているバレンボイムですが、2006年にはウィーンでエルンスト・フォン・ジーメンス国際音楽賞を受賞しました。財団理事会は「民族の融和と近東の平和のためへの努力」を受賞の理由に挙げました。2007年9月にはバレンボイムは国連の平和大使に任命されました。

New Year's Concert Ticket Information

 

Tags

© 2017 Wiener Philharmoniker RD0003FF4B68AC