申込

申込

 

私のサイト

Make use of the advantages of registering at www.wienerphilharmoniker.at: subscribe to various newsletters, participate in the drawing for New Year's Concert tickets and view your online purchases.

今すぐ登録

閉じる

Menu Calendar

Japanese Homepage > オーケストラ : オーケストラ

 

Das Philharmonische Tagebuch

木, 17. 1月 2008

Aktuelles

 

モーツァルト週間2008年のウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

国際モーツァルテウム財団によるモーツァルト週間2008年では、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの教会音楽作品と、それらと現代音楽作品とのつながりに焦点があてられます。モーツァルトの作品がこのフェスティバルの中心となっていますが、その他の作曲家や時代の作品とも対比して演奏されます。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団は、モーツァルト週間で伝統的に3回の演奏をしていますが、モーツァル週間2008年では、モーツァルトの作品だけではなく、オリヴィエ・メシアン、ベラ・バルトーク、フランツ・シューベルトの作品も演奏します。

Ingo Metzmacher leads the orchestra in its first concert on January 27, in a program which contrasts two works of Mozart, the Piano Concerto in A Major, KV 488 and the Symphony in E-Flat Major, KV 543, with two compositions of the French composer Olivier Messiaen, Les Offrandes oubliées, Méditation Symphonique and Le Réveil des Oiseaux.

On January 30, Ivan Fischer conducts a program which begins with Mozart's Symphony in C Major, KV 338, and is followed by several Mozart arias. This concert evening concludes with the Concerto for Orchestra by Belá Bartók.

Sir Charles Mackerras leads the orchestra in its third and final concert appearance at this year's festival. Mozart's Vesperae solennes de Domenica, C Major, KV 321, is followed by Franz Schubert's Mass in E-flat Major, D 950.

Ticket Information

 

Tags

© 2017 Wiener Philharmoniker RD0003FF4B68AC