申込

申込

 

私のサイト

Make use of the advantages of registering at www.wienerphilharmoniker.at: subscribe to various newsletters, participate in the drawing for New Year's Concert tickets and view your online purchases.

今すぐ登録

閉じる

Menu Calendar

  2019  
  10  
M D M D F S S
1
2
3
4
7
8
9
10
14
17
18
19
20
23
26
31

Japanese Homepage > オーケストラ : オーケストラ

 

Das Philharmonische Tagebuch

火, 15. 11月 2011

 

2012年のニューイヤーコンサートはマリス・ヤンソンスと

Mariss Jansons conducting the
New Year's Concert 2006

マリス・ヤンソンスが2012年1月1日のウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のニューイヤーコンサートの指揮台に、2006年に引き続き2回目の登場です。「1992年4月に初めて一緒にコンサートをして以来、マリス・ヤンソンスはウィーン・フィルと大変緊密な関係にある指揮者の一人です。最初の出会いから相互に芸術的且つ人間的な理解と共に深い尊敬に培われた協力関係が、まもなく20周年を迎えるにあたり、2012年のニューイヤーコンサートの指揮をお願いしました。」と、クレメンス・ヘルスベルク楽団長が、この決定をコメントしています。

マリス・ヤンソンスは、2003年よりバイエルン放送交響楽団の、そして2004年よりアムステルダムのロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の各首席指揮者を務めています。1979年から2000年まではオスロ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者を務め、国際的に認められるオーケストラへと導きました。マリス・ヤンソンスはサンクトペテルブルク・フィルハーモニー管弦楽団とも緊密な関係にありました。1992年から1997年はロンドン・フィルハーモニー管弦楽団の首席客演指揮者、1997年から2004年まではピッツバーク交響楽団の音楽監督でした。

マリス・ヤンソンスの2006年のニューイヤーコンサートへのデビューは、観客およびプレス関係からも大変に歓迎されました。

Program of the New Year's Concert 2012
Program (PDF)

 

Tags

© 2019 Wiener Philharmoniker RD00155D581F71

Media Partners of the Vienna Philharmonic Orchestra